2010年06月25日

ギター極限速弾きバイブル

なにか、やたらとネット上で難しい難しいと連呼されイマイチ書店で見かけないこの本。

しかし、実際、難易度は高いですが、絶対に弾けない!というレベルではないです。CD試聴を聞いてみてください。地獄と同程度の難しさという印象なんですが、皆さんどうでしょうか?

 

ギター極限速弾きバイブル―ギター・マガジン (リットーミュージック・ムック)
高井 寿
リットーミュージック
売り上げランキング: 332685
おすすめ度の平均: 4.0
4 軽いジャム感覚、音楽作りの参考バイブル
4 ソロだけじゃなくリフもかっこいい!
4 良いけど…

この本のレビューでよく書かれることなんですが、特徴としてあげなければならないのは、バッキングフレーズも練習できると言う点です。

地獄、速弾きウマヘタ、ギブス。こういった教本ももちろん課題曲はハードロックとして十分楽しめるような仕上がりになっています。ですので、この本だけが音作りの参考になったり、聞いて楽しめる本である。というのは間違いだと思いますが、曲作りの参考になるという意味では、この本がトップだと思います。

同じフレーズのバッキングとソロのタブ譜がそれぞれ掲載されています。ソロフレーズはもちろんテクニックの練習になるんですが、バッキングフレーズの練習もすることで、どういった音にソロが乗っかっているのか?ということを意識しやすくなると思います。また、このリズム的な絡み方も参考にできるとも思いますし、ハードロックよりのオリジナル曲を作りたい方には良い本だと思います。

amazonのレビューで地獄や左右との併用がお勧めというレビューがありましたが、オリジナルを作りたい方は、教則本の併用よりも、アーティストの曲のコピーと同時進行をお勧めします。キチッと曲の中で生きているフレーズというのも知っておかないと、この本だけでは、イントロやソロパートができても肝心のメロの部分の作曲が厳しい気がします。
そういった部分の作曲は、もちろん、上記の教本をやっても身に付くことではない気がしますし。。。

せっかく、〜〜風アレンジとかいうタイトルが付いていますし、練習したフレーズの元ネタアーティストを弾いてみるのも楽しいかもしれませんねww


過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターの教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Amazonお買い得ギター関連品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。