2010年07月29日

Line6 Pocket POD Express

amazon安いですねw

約半額?

この商品も発売当初に購入を考えた一つです。


欲しいと思った理由は、「音」です。
手っ取り早く、いい音を手に入れようと思うとアンプシミュレータが一番楽なんですよ。。

ギターという楽器を機材面で考えたとき、かなり重要なファクターなのがアンプです。そして次にピックアップだと思います。残念ながらこれらの要素に比べるとギター本体の木材による要素は小さい気がします。

それでも、突き詰めていくと木材までこだわってしまうんですがw

しかし、練習のたんびに自分のアンプを運ぶのは正直ツライorz
ヤツは、重くてデカイんですw

そこで、このPODシリーズですが、アンプシミュレータとして不動の地位を築いています。対抗馬はサンズですかね?

小さいですし、エフェクターケースに入れて持ち運べます。
これは、魅力的w
しかし、発売当初、16000円という値段に、結局購入を断念していました。
あの当時この値段なら買ってましたねw

そして、今回も注意があります。
私自身持っていないので、ネットと楽器屋店員さんからの情報になってしまうんですが、この子。
USBが付いていますが、オーディオインターフェイスとしては使えないらしいです。このUSBは、PC内で音を作りPODに保存しておくための物のようで、インターフェイスとしては機能しないらしいです。

これは、間違えて買うと結構ショックが大きいので、ネットや店員さん。
実物などをみてキチンと情報を集めてから購入することをお勧めします!

Line6/ライン6 Pocket POD Express
Line6/ライン6 Pocket POD Express
売り上げランキング: 554




過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ギター周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月23日

MXR PHASE 90

ちょっと気になる商品がAmazonのおすすめに出てたので紹介しておきます。
おそらく、フェイザーとして最も有名なこのエフェクター。↓

Dunlop MXR エフェクター PHASE 90 M-101
JIM DUNLOP
売り上げランキング: 1095


この子が10000円を切るのは珍しいのですが、ちょっとクセがあるのでその紹介です。

評判にたがわず、かなりの良品であることは私も賛成です。
私の足元にもこの子は居ます。

しかし、1点注意して欲しいことが。

この子を踏むと、Volが上がるように感じます。
つまり音がでかくなるんですねw

個人的には、目立たせたいフレーズの時に使用するので、なんら問題ないですが、人によっては気になるかもしれません。

実は以前それについて検索をかけていて、簡潔にブログで説明されている方がいらっしゃったのでご紹介しておきます。

mj_guitarweblog/MXR phase90をいじってみる

かなり簡単な方法でできるようなので、良いですねww
城石さんに感謝!!

私自身試していないですし、エフェクター自体も結構個体差のあるものなので、改造は自己責任でお願いします!

しかし、もし既に買われた方で、音量があがることによりこのエフェクターがゴミと化してしまった方などがいたら、それはそれで、もったいない話なので一応紹介しておきます!



楽天市場恐るべしww

過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月23日

BR600

個人的に役に立った機材です。

MTRという録音のための機材なんですが、このBR600の特徴はなんといっても、持ち運びが楽ちん!!

軽量でしかもMTRにしては相当コンパクトな部類に入ります。
頑張ればギターケースに入ってしまうほどw

このMTRという機材事態がまずお勧めしたい機材で、私は作曲をし始めたとき、携帯でフレーズを録っていました。
正直ノイズにしか聞こえないような音質です。

そんな状態では、とてもじゃないですが、良い曲のアイディアは生まれません。。ノイズのようなギターの音に、他の楽器の音を被せていくなんて、よっぽど、音の想像力のある方ならともかく、私にはムリでした・・・

そこで、目をつけたのがMTR!
その当時、WAV形式の録音ができるDAW系ソフトは高価でしかも重いという、学生には手の届かないシロモノでしたw

そこで、安いMTR(4トラック)を購入したのが出会いでした。

今となっては、DAWの値段は下がり、あまり注目されなくなってしまったこのMTR。

しかし!!
このBR600は持ち運べる!という武器があります。
スタジオでの練習風景を録音したり、ボーカル録りの時にすごく重宝します。家でボーカルの声量で歌われたらたまったもんじゃありません。。

更に、簡単なドラムトラックも用意されています!
これが、私にとってかなり有難い機能で、アドリブを急にしたくなった時などは、もうこのMTRのドラムトラックでパパッと録ってしまいます。DAWで作り出すとループの調整など結構面倒なことが多いですし。。なにより、ソフトが立ち上がるのを待っている時間がつらい。。。

8トラック・デジタル・レコーダー BR-600 
↑amazon

というわけで、私にとってかなり役立つアイテムのBR600ですが、一つ注意点があります。

データを保存する場所がコンパクトフラッシュというものになっているんですが、このBR600、2Gまでしか読み込めないそうです。。ちなみに私は2Gでもダメでした・・・現在1Gのコンパクトフラッシュを使っています。

この点だけ注意していただければ、非常に優秀な機材だと思うので、気になる方は調べてみてもいいと思いますよ!

↑ 楽天市場


過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Amazonお買い得ギター関連品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。