2010年06月14日

耳コピを頑張ってくる

怖い後輩ギタリストシリーズです。

これは、まぁ怖いというよりも、期待してしまう後輩ギタリストですね。初心者の後輩です。

耳コピのスキルというのは簡単に身に付くモノではありません。
聞いた音を指板上で表現するスキルは、たくさんの練習という経験の中で身に付くものです。

しかし、この指板上で聞いた音を表現するスキルというのは、意識して練習しないとかなり付きにくいものです。

具体的には、弾く前に弾くフレーズを歌う練習が必要だと私は考えています。
歌った後に弾く。
単純なことですが、意外にしている人は少ないです。
練習の中で自然とこの行動に移るのが、実は耳コピの練習です。耳コピは、音を聞きながら合わして行う場合もあるでしょうが、ほとんどの場合はCDを聞き、音を覚えて、弾く。
この流れがあると思います。

音を覚えるというのは、頭の中で歌っているということで・・・

結果的に指板上の音を覚える練習になっています。
耳コピのスキルをあげたいのであれば、やはり耳コピの練習が必要ということです。

また、この指板上での音を覚えるというのは、アドリブの時にも役立ちます。頭の中で鳴ったフレーズをその場で弾かなければならない、アドリブというのは、この指板上の音を覚えるという過程が必要不可欠なのです。

こういった理由から、初心者の後輩が耳コピを頑張っているのをみると、やはり期待をもってみてしまうモノですw

もし、初心者の方でこのブログを見ている方がいらっしゃれば、簡単な曲でいいので耳コピを頑張ってみてください!

コツは、"フレーズを歌えるようになってから弾くこと”です!

頑張ってください!


過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い後輩ギタリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月12日

レッスンに通っている

怖い後輩ギタリストシリーズです。

レッスンに通うというのは、かなりのスピードで上達する結果になります。

これは私の体験での話です。
私自身も、少しは先輩ギタリストにとって怖い存在だったんじゃないかな?と勝手に考えているわけですがw
その最たる原因はレッスンに通っていたことだと思います。

ギターレッスンというのは、教えを受ける先生に左右されてしまうものの、キチンと選べば多くのことを教えてくれます。

それこそ、ギターに限らず、音楽全体を教えていただけますし、人生だって学べます。

具体的な話に移りたいと思います。

1.フォームについて

このブログでは、散々フォームについて重要性を話しているんですが、私自身はフォームの改良をレッスンで行ってもらいました。具体的には、基本は"究極のフォーム”に書いているフォームなんですが、私は逆ピッキングを推奨されました。
理由は、私がマムシ指であったこと、出したい音のアーティストが逆ピッキングであったこと。この二つと、後少し関係しているかな?と思われるのは、手が大きいことです。多分ですが、外人の方と比べてもそれほど変わらない大きさの手のサイズです。その分、細かいフレーズが弾きにくかったんですが、それは左手のバタつき解消で何とか改善されました。
この改善も、基本は、ロック式で弾き、細かいフレーズはクラシックスタイルにチェンジするという方法を推奨されて行った改善です。

ロック式で構え続けるとどうしても、指が重なり弾き辛い状況が生まれていたので、改善された時の感動は大きいものでしたw

このように、レッスンというものは、それぞれの生徒に合わせたフォーム改良ということが可能な場所です。

万人に当てはまるフォームというのは存在しそうにないですが、一般的に上達しやすいフォームというのは存在します。
それを踏まえて、自分に合ったフォームを構築するにも、やはり先生となる方が存在した方が早いです。

2.音楽を学ぶ

ギターといっても音楽の中の1部です。
ギターレッスンの先生というのは、一般的にはどうかわかりませんが、探せば音大出身の先生が存在します。
そういう先生は音楽の基礎的な構造やセンスを持ち合わせています。そういった方から素養を学ぶことは大変刺激になります。

当時、私が大好きだったインディーズアーティストの曲を先生に聞かすと先生は首をかしげていました。その理由が・・・
「和音が汚い」
という理由だったんですが、当時の私にはその和音の汚さが理解できなかったんですorz
今聞くと、確かにギターの音とキーボードの音が当たっていて不協和音に近いものになっています。
そこから、私は理論の勉強などをはじめて、今に至るわけですが、あの時にこの意見を聞けたことは本当に感謝しています。

まだまだ、利点はありそうですが・・・
今浮かぶのはこの2つです。
教則本もいいんですが、実はレッスンは素晴らしいという、このブログの存在意義に?が付いてしまいそうな話題でしたw


過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い後輩ギタリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月10日

ライブを反省する。

ライブを反省するというのは非常に重要です。

失敗してもいいです。
でも反省しないのはダメです!

ライブというのは、そうそう簡単にポコポコできるものではありません。一回一回を大事にクリアしていく必要があります。

今回の怖い後輩ギタリストはそんな、反省をする後輩。

ライブが終わって、コンビニでジュースを飲んでたむろっていた時、居酒屋で飲み会をした時、必ず存在するバンド。

反省会をしているバンド。

怖いですよw

それだけ必死なんですからw
飲み会という楽しむ時間を犠牲にしてでも、自分達が今日感じたことを議論する・・・・

いやっ、カッコよく言いすぎました。
ほとんどのこういう人たち、そういう議論が好きなんですよw
ただ、この議論がけっこう大事です。

ライブというのは緊張状態で行っています。
そのためかどうかは、わかりませんが、次の日にはもう内容を忘れていることが多々ありますw
しかし、この議論があると、結構覚えているものです。
特に自分が責められた場合などは、次の日とは言わず1週間ぐらい引きずっていますw

覚えていさえすれば、実は結構練習します。

まぁつまり反省しているということなんでしょう。

最初に書いたように、ライブというのはそんなに頻繁にできるものではありません。
その一回一回を楽しかったで終わらせるのはもったいないです。

ライブでの失敗を恐れる必要はありませんが、準備と反省はしっかりしましょう!!


過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い後輩ギタリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Amazonお買い得ギター関連品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。