2010年08月08日

循環???

さて、また人気教則本を紹介していこうと思うのですが・・・
変動は少ないかな?

さっそく。

1位
天國のギター・トレーニング・ソング 永遠の名曲をギター・インストで弾き倒せ! (CD付き) (Guitar Magazine)
ダントツです。この教本は当分不動でしょうねw

2位
唄って覚える ギターフレーズ CD付
このブログで局所的人気がきたのか?いろいろな教本を抑えて2番目の人気です。

3位
ギターハノン ギタリストのためのフィンガリングトレーニング CD付
はい。この教本も人気です。なんかこのランキングを作るから上位陣が入れ替わらないのですかね?w

4位
萌えるギター教室 アニソン大好きギター男子のための (シンコー・ミュージックMOOK)
今、確認しながら書いているんですが・・・
やばい。本当に循環してそうw

5位

ギター・マガジン 超絶ギタリスト養成ギプス 孤高のクラシック名曲編  (CD付き) (リットーミュージック・ムック)
Kelly SIMONZ
リットーミュージック
売り上げランキング: 5509
おすすめ度の平均: 5.0
5 最強、最難関のギターテク満載のクラシック曲教則本
5 超絶教本第二弾

救われましたw
よかった紹介しておいてw

やはり、話題性抜群ですね。私がよく見ているブログなどでもこのシリーズを推薦している方多いですねw

さてさて、今回で気づきましたが。前回のランキングに載っているものは省いて順位をつけたほうが良さそうですね。次回からもう少し、面白いランキングが付けれたらと思いますw


過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターの教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月29日

Line6 Pocket POD Express

amazon安いですねw

約半額?

この商品も発売当初に購入を考えた一つです。


欲しいと思った理由は、「音」です。
手っ取り早く、いい音を手に入れようと思うとアンプシミュレータが一番楽なんですよ。。

ギターという楽器を機材面で考えたとき、かなり重要なファクターなのがアンプです。そして次にピックアップだと思います。残念ながらこれらの要素に比べるとギター本体の木材による要素は小さい気がします。

それでも、突き詰めていくと木材までこだわってしまうんですがw

しかし、練習のたんびに自分のアンプを運ぶのは正直ツライorz
ヤツは、重くてデカイんですw

そこで、このPODシリーズですが、アンプシミュレータとして不動の地位を築いています。対抗馬はサンズですかね?

小さいですし、エフェクターケースに入れて持ち運べます。
これは、魅力的w
しかし、発売当初、16000円という値段に、結局購入を断念していました。
あの当時この値段なら買ってましたねw

そして、今回も注意があります。
私自身持っていないので、ネットと楽器屋店員さんからの情報になってしまうんですが、この子。
USBが付いていますが、オーディオインターフェイスとしては使えないらしいです。このUSBは、PC内で音を作りPODに保存しておくための物のようで、インターフェイスとしては機能しないらしいです。

これは、間違えて買うと結構ショックが大きいので、ネットや店員さん。
実物などをみてキチンと情報を集めてから購入することをお勧めします!

Line6/ライン6 Pocket POD Express
Line6/ライン6 Pocket POD Express
売り上げランキング: 554




過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ギター周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月25日

超絶ギタリスト養成ギプス孤高のクラシック名曲編

さてさて、本当に地獄のライバル本になってしまった、この教則本。

クラシックのアレンジ本がでたようです!

前作が難しかった分、この本も・・・

とりあえず、リットーさんのページで試聴してみてください。

http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar1_data/10217104.html

聞いてきましたか?

とりあえず、選曲がいいですねw
大御所の名曲目白押しです!

個人的にはグラヴィーアとベトベン後期3大ソナタが嬉しいですね。
グラヴィーアがツインギターならなお良かったんですが、それは贅沢ですかねw

あと、トッカータとフーガを聴いてなぜかヴァイ先生が浮かびましたww
なんかそういう映画ありませんでしたか?
音もこんな感じだったようなw

さて、前回もそうですが、バックトラックが重厚ですね。
オケの中で弾いてる感覚です。

バンド思考の方もいらっしゃると思いますが、現在の音楽でストリング無しというのは、かなり少数派だと思うので、このトラックでストリングスの音程に乗っかる感覚を身に着けてもいいと思います。

これで、このシリーズも徐々に知名度が上がりそうですね。
今回は初代から制覇してるぜ!
と言えるように、刊行に追いついていきたいものですw

ギター・マガジン 超絶ギタリスト養成ギプス 孤高のクラシック名曲編  (CD付き)
Kelly SIMONZ
リットーミュージック
売り上げランキング: 592




過去記事 →  ギター教則本Navi



posted by bookbook at 01:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ギターの教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Amazonお買い得ギター関連品